「史上初の台風です」ナン・マドールが日本を直撃…倒壊、破損、被害相次ぐ

台風14号「ナンマドル」が北上する中、18日午後、宮崎県宮崎市で強風雨の中、傘をさして移動する人。 写真=共同通信、聯合ニュース

強風と集中豪雨を伴う台風14号「ナンマドル」が日本を直撃。 ドアガラスの破損や標識の落下、冠水や道路の損壊など、被害は相次ぎます。 台風で少なくとも38人が負傷した。

気象庁によると、台風は19日、18日夜に九州の鹿児島付近に上陸し、同日午前3時頃に福岡県に上陸した。 中心気圧960(ヘクトパスカル)、中心付近の最大風速35m/s、瞬間最大風速50m/sを維持しながら北上しています。

台風の影響で数十年ぶりの大雨や強風が予想されることから、気象庁は宮崎県に大雨特別警報、鹿児島県に暴風雨・波浪・津波特別警報を発令しました。

被害は台風ナンマドルによるものでした。

NHKや読売新聞、朝日新聞などの日本のメディアによると、同日午前4時現在、全国で少なくとも38人が負傷した。

九州は台風で大打撃を受けました。 鹿児島県屋久島町の消防署で、強風で突然ドアが閉まり、消防士が右手を挟まれた。 階段から転落したり、強風に巻き込まれて立っていられなくなったりして、けがをした事例もあります。

大分県では強風で住宅街の窓ガラスが割られ、50代の住民がガラスの破片でけがをした。

宮崎県では、道路が浸水し、車に乗った孤独な市民が救助されたり、自力で逃げたりしました。 宮崎県東条市では、ゲリラ豪雨や土砂崩れで道路が通行止めとなり、日松地域の住民5世13人が孤立した。

宮崎県では、強風でバス停の看板が倒れたり、JR宮崎駅前のイベントビルが数メートル押し戻されたりした。

鹿児島県では高層ビルの建設現場のクレーンが強風でねじれたり曲がったりするなど、住民からの苦情が相次いだ。

鹿児島県屋久島市で飲食店を営む寺田和子さん(73)は朝日新聞の取材に「今まで見た台風の中で一番強い」と語った。 . しかし、今回は違いました。 18日午前9時頃から風が強くなり、数年ぶりの大雨となった。

宮崎県日向市の海辺で民宿を営む会長のAさん(47)は「風が強くてたまりません。

九州電力によると、台風の影響で同日午前4時、31万戸が停電。 また、九州や一部地域では携帯電話が不通となりました。

公共交通機関も麻痺した。 九州新幹線は前日に運休となり、今日まで運行されません。 福岡と大阪を結ぶ山陽新幹線は19日、博多駅~広島駅間を運休し、残りの区間も運休する。

日本航空と全日本空輸も同日午前4時から770便の欠航を決めた。

岸田文夫首相は前日の閣僚会議で、「情報を最新の状態に保ち、避難支援などの予防措置を講じてください。 早急に被害状況を把握し、応急処置に努めていただきたい」と述べた。

イム・ジヘ記者 jihye@kukinews.com 全ての記事を見る

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です