「動く車動画広告」…INNOCEAN、新広告モデルを発表

現代自動車グループ傘下の広告代理店イノシアンは19日、「電動トラックを使ったデジタルサイネージ広告」の特別規制サンドボックス実証実験の認可を受けたと発表した。

イノシアンは、2023年から24か月間、電動トラックの側面にスクリーンを設置して動画広告を配信する「屋外デジタルサイネージ」の広告掲載を行うことができるようになります。モバイルを介した屋外デジタルサイネージの広告は、現行法では認められていませんが、今回の認可を受けました。市場でテストおよび検証する機会を与えてくれます。

電気トラックの側面に送信されるデジタル広告には、公共広告、商用広告、およびローカル広告の両方が含まれます。 デモ期間中は、安定性と広告効果が最適化されたモビリティ スクリーンを選択する予定です。 安全性を確保するため、時速50km以下の時のみ広告を配信し、搭載されたセンサーがトラック右側からの車両の進入を検知して広告の配信を制御。

また、効果の高いパーソナライズド広告を小規模事業者にリーズナブルな価格で提供し、トラックの可動部を利用した既存の屋外広告では成しえなかった広告効果測定に関する成果を達成することで、今後より戦略的な広告運用が可能となります。 . 実際、中国やトルコ、イギリスではバスの外にデジタルサイネージ広告を出し、日本ではタクシーなどの車窓を使ったデジタル広告を出しているとINNOCEANは説明する。

イノシアンはモビリティ事業者との協業も本格化すると発表した。 モビリティ サービス プロバイダー、モビリティ プラットフォーム オペレーター、コマーシャル データ オペレーター、広告効果測定オペレーターは、関連企業とパートナーシップを結び、実証プロジェクトを通じて「モビリティ デジタル ディスプレイ広告」のビジネスを実現します。 これにより、実証事業期間の効果を最大化することで、モビリティビジネスモデルの本格的な立ち上げに一歩近づく予定です。

本計画は、イノシアンが6月に今後の事業戦略として発表したキーワード「C(クリエイティブ&コンテンツ)、D(デジタル&データ)、M(メタ&モビリティ)」のMにあたるものです。

特にC・D・Mの相乗効果で、モビリティに特化した独自の広告・コンテンツ・デジタル発信システムを構築するとしている。 この特別なデモンストレーションから、INNOCEAN はメタモビリティの時代に最適化された広告およびコンテンツ プロバイダーとして飛躍することを目指します。

イノシアンのモビリティ事業グループ長であるイ・スンジュン氏は「自動運転の時代が来ると、車は移動手段ではなく生活空間として生まれ変わり、V2X (Vehicle to Everything) はあらゆる手段を提供する」と述べた。輸送、人、物、携帯、オフィス、家庭などの接続されている。 )が実現する」と述べた。

Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。