「円の記録的な効果を活用」…日本のETFの「バンドルマネー」:ソウル経済日報

「TIGERジャパン日経225」

月間1175億ウォン参入

1000億ドル以上の純資産

記録的な円高現象を背景に、投資家は株式市場における為替レートの影響を利用しようとする動きを加速させています。 100株単位で購入しなければならない日本株への直接投資よりも、少額から購入できるETF(上場投信)への選好が強かった。

未来アセットマネジメントによると、8日、「TIGERジャパン日経225」ETFは最近、純資産1000億ウォンを超え、1286億ウォンを記録した。 純資産が1000億ウォンを超える韓国初の日本の上場ETFだ。 TIGER Japan 日経 225 は、日本の株式市場を代表する 225 社で構成された指数である日経 225 に連動する商品です。 ユニクロの親会社であるファーストリテイリング、日本を代表する情報技術(IT)企業であるソフトバンク、世界的なコンピューター機器企業である半導体の東京エレクトロンなど、日本の大企業に投資できる商品です。

まず、第2四半期を通じて続いた「円現象」が、同商品の純資産の伸びに影響したと分析されている。 TIGER Japan 日経 225 は 2016 年 3 月に国内株式市場に上場されましたが、その純資産は 6 年以上にわたって 130 億から 160 億ウォン前後で推移しています。 しかし、先月1175億ウォンの一時金が支払われ、純資産は8倍以上に急増した。 韓国で唯一の円の直接投資が可能なETF「TIGER円先物」も先月、純流入が増加し、純資産は67億ウォンから113億ウォンに68%以上増加した。 . 特に、円が過去最高値を更新したことで、円建ての投資商品や資産の魅力が急激に高まった。

また、円の影響が日本の輸出業者にとって有益であるとの期待から、日本の株式市場は世界の株式市場よりも良いパフォーマンスを示していることも指摘されました。 日本の日経 225 はわずか 3.25% 下落しましたが、KOSPI と KOSDAQ はそれぞれ -13% と -16% 下落し、米国の Nasdaq は 6 月に 8.7% 以上下落しました。

ETFの人気のもう1つの理由は、ETFを使用すると、日本円と日本株に少額で投資できることです。 昨今、円の影響を利用して「優良な日本株を安く買う」という投資家が増えていますが、日本株は100株単位の購入単位のためなかなか手に入りません。 一方、国内上場ETFの場合は1~10株単位でのネット購入が可能で、国内株式市場に上場している日本のETFは1株単位で購入できるため、少額の投資が可能です。 実際、過去 1 か月間の日本の「直接購入者」投資家による純購入額のトップのリストには、ETF「ネクスト ファンド トピックス (370 万ドル)」と「グローバル X ジャパン グリーン J-REITs (152 万ドル)」、 1週間単位で購入できる商品を掲載しています。 Mirae Asset Global Investments の最高投資責任者である Kim Nam-ho 氏は、「日本の株式市場は魅力的な投資先として台頭しており、円安と世界的なインフレに対する懸念が日本の輸出業者にとって好機になることを期待している」と語った。 . 「日本は金融緩和政策を継続する。このような状況下、少額でも投資しやすい商品が注目されているようだ」

一方、日本円は対ドルでロシア・ウクライナ戦争が本格化した3月以降、円安傾向に転じ、米連邦準備制度理事会(FRB)が2019年後半に本格的な利上げを開始すると、さらに急激に円安に転じた。クォーター。 米国の緊縮政策に反して、日本が緩和的な金融政策の維持を表明すると、日米の基準金利の差が拡大する可能性が高まり、円の価値が下がり始めました。 特に、6 月には米国が政策金利を 0.75 ポイント引き上げる「大躍進」を行ったため、1 ドルあたりの円は 24 年ぶりの高値である 135 円を突破しました。 この時期のウォン円相場も100円=930~940ウォンと5年ぶりの安値となった。

< Détenteur des droits d'auteur ⓒ Seoul Economic Daily, réimpression et redistribution non autorisées interdites >

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。