「イ・ジェミョンを支持」シン・デチョルの政治発言、尹に「原子力発電所の生態系? 核ぴあ「サムジットマネー」を処理するには…」

ユン・ソクヨル会長(左)とロックバンド・シナウィのギタリスト、シン・デチョル。

20日、前回の大統領選挙で民主党のイ・ジェミョン代表(当時、民主党の大統領候補)への支持を公言したシナウィ・ロックバンドのギタリスト、シン・デチョル氏が、 「原発の生態系」に対して、「大統領へ、誰か(おそらく原発マフィア)が間違った情報を持っている。彼は植え付けられたに違いない」と彼は言い、突然彼に立ち向かった. 第 19 回大統領選挙で、申大哲は文在寅(ムン・ジェイン)前大統領(当時の民主党の大統領候補)への支持を公に表明した。

政界によると、辛大哲氏は前日23日、自身のフェイスブックで「ぴあ原子力が一貫して主張している「パイロプロセッシング」、つまり使用済み核燃料は再処理できる」と宣言していた。燃料として再利用されましたが、失敗した技術と言われています. アメリカ、フランス、日本は長い間試みてきましたが、すべて失敗し、選別されています. たとえ成功したとしても、これは近い将来には起こりません .将来。

シン・デチョル氏は、「尹氏は、使用済み核燃料のパイロプロセッシング技術が可能であるというニュークリアピアの主張を強く信じているため、ユン氏は常に『原子力発電所のエコシステム』という言葉を使っている…」と述べ、「ヌクレアーピア……生態系の再処理は可能か?」 「原発のエコシステム」を強調する尹会長に「あなたは勇敢だ」と眉をひそめた。

「自然界において、生態系とはあえて言えば、同じ場所に住む生物同士が相互に依存し合い、同じ場所に住む生物同士が互いに食べたり食べられたりしながら栄養やエネルギーを循環している状態です。捕食者と被食者の関係です。」 「それは排泄物の問題です。大きな捕食者の排泄物は、それ自体が栄養素とエネルギーの源です」と彼は説明した.

「糞は微生物や昆虫のエサになり、分解された物質は植物の栄養となり、植物はさまざまな生物のエサとなり、さらに上位捕食者のエサとなる……この無限の好循環が起こるとき、私たちは美しい自然を守ります。 .” 「『エコシステム』という言葉を使いたいのであれば、基本的には好循環であるべきであり、すべての人にとって有益な場合にのみ使われる言葉です」と彼は主張しました。

シン・デチョルは「大統領は毎日、原発のエコシステムについて話している。原発は『トイレのない下宿』のようなものだ。住んでいるアパートにトイレがなかったらどうしようもない」と話した。そのため、文字通り原子力発電所の一時保管施設に湿式または乾式で保管しています。

「イ・ジェミョンを支持」シン・デチョルの政治発言、尹へ

シナウィロックバンドのギタリスト、シン・デチョル。

「社長」を「社長と呼ばれる人」「あなた」と呼んだことに神経質な反応を示した。

「それを永久に取り除く唯一の方法は、非常に固い岩盤を通って500から1,000メートル下に降りて、使用済み核燃料を少なくとも10万から30万年間保管して密封することです」と彼は宣言した. 人類が文明を作ってまだ数千年しか経っていないのに、30万年も排泄物を処理しなければならないのでは…?」と原発への強い疑問を口にする。

最後にシン・デチョル氏は、「フィンランドには世界で唯一の地下1000メートルの永久処分施設があり、スウェーデンも間もなく同じことをすると言われている。ならば、韓国は永久に一時保管できるが、原子力発電所には『生態系』という言葉がつく」と繰り返し、原子力発電所への反感を表明した。

「イ・ジェミョンを支持」シン・デチョルの政治発言、尹へ

ユン・ソクヨル大統領が19日(現地時間)、スイスのダボスで開かれた2023年世界経済フォーラム(WEFダボスフォーラム)年次総会で「行動する連帯のために」と題して演説している.).

これに先立ち尹大統領は19日(現地時間)、WEFのクラウス・シュワブ会長との特別講演に続いて、半導体や原子力技術の強化に向けて世界各国と協力していくと発表した。世界経済フォーラムの年次総会で。 (WEF)。 米国だけでなく、日本や中国とも、普遍的な価値観を共有するかどうかにかかわらず、全方位的な協力を強調した。

尹大統領は「原子力戦略」に関する質問に対し、「韓国は化石燃料に大きく依存しており、原子力発電が始まってから40年余りが経過している」と説明した。

「原発を原発と名乗って原発を減らそうという試みが数年前から行われているが、『原発エコシステム』は非常に難しくなっている」と語った。 原発対策としては、韓国での原発増設、世界各国との技術共有、輸出協力などを挙げた。

「イ・ジェミョンを支持」シン・デチョルの政治発言、尹へ

民主党のイ・ジェミョン代表(左)とロックバンド・シナウィのギタリスト、シン・デチョル。

一方、シン・デチョル氏は第20代大統領選挙当時、ユン大統領(当時、人民力大統領候補)に「無知な者は詳細を知らない。 私は彼らのことを聞いたことがありますが、知りません。 由来は知っていますが、原理が分からないので、部分ありの全体と言います。 詳細 「全体像を知らなければ、全体像を見ることはできません」と彼は言いました。 「麻が枯れたとしても、それが私的な石の搾取であると主張するのは難しい.同時に、彼は次のように述べた.結論。イ・ジェミョン候補を支持する」と、当時の民主党代表イ・ジェミョン(当時の民主党大統領候補)。

理由についてシン・デチョルは「民主党だからというわけではない。思ったより頭がいいというのが主な理由だ。知らない人に見える」と話した。 「国政に関わるすべてのこと。私には将来のビジョンとそれに続く明確な哲学の計画があります。この点を確認することができました」と李社長は言いました。あなたはソウル大学出身で、30年間停滞した知識を持っているなら、あなたは無知です。」

ジャーナリスト クォン・ジュニョン kjykjy@dt.co.kr










[저작권자 ⓒ디지털타임스 무단 전재-재배포 금지]

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です