「とても難しい」…誰も尋ねることはありません [매일 36.1명이 떠난다②]

36.1人。 これは、2020 年の毎日の自殺者数です。その年、10 万人中 25.7 人が極端な選択により死亡しました。 これは、経済協力開発機構 (OECD) 加盟国の平均 (10.9) の 2.3 倍です。 10年間。 私たちの社会は本当に自殺を防ごうとしているのだろうか? 社会的セーフティネットはより厳しくなっていますか? クッキーニュースが調べました。

グラフィック = デザイナー イ・ヘヨン

韓国は、OECD 加盟国の中で自殺率が最も高いことを再び恥じています。 保健福祉部と韓国生命尊重希望財団が発表した「2022年自殺予防白書」によると、韓国の自殺率は前年に比べて1.2倍減少したが、自殺率はOECD加盟国の平均(11人)の2.2倍。

自殺を防止するために多くの社会的セーフティネットが構築されてきましたが、それだけに不十分であることが指摘されています。 埋めなければならないギャップはまだたくさんあります。 現場では、人手や予算の不足からリスクの高いグループの編成に限界があるという声があります。

2022年の自殺防止予算45.1兆ウォン…歳出全体のわずか0.044%

保健福祉部が今年準備した自殺対策予算は45兆1000億ウォンで、歳出総額(101兆4100億ウォン)の約0.044%だった。

保健福祉部がキム・ウォン氏によって民主党事務所に提出されたデータによると、2022年の政府予算で自殺防止と生命尊重の文化の創造に割り当てられた金額は451億2300万ドルです。 . 勝った。 具体的には、 △自殺リスクの高いグループの特定と支援 166.84 億ウォン △自殺防止プロジェクトの運営とセンターへの支援 143.88 億ウォン △自殺防止教育と広報活動の活性化 28.13 億ウォン △生命尊重希望財団の運営67億8700万ウォン △1393 自殺防止 44億5100万ウォンの電話相談事業を組織。

日本に比べて非常に低予算です。 連帯運動によると、2017年の日本の自殺防止予算は6兆7000億ウォンで、韓国の160倍だ。 一人当たりの年間自殺防止予算は、韓国が805ウォン、日本が5万3180ウォン。

地方自治体の自殺対策予算も非常に低い水準にあります。 ホ・オク嘉泉大学校安保教育訓練院長が国会自殺防止フォーラムを通じて公開した資料によると、地方自治体の自殺防止予算は414億9620万ウォンに過ぎず、韓国の総予算の約0.017%だった。 242兆ウォン。 平均すると、これは地方自治体当たり約1億8112万ウォンに過ぎない。

自殺防止の人材も不足している。 内部組織公務員の数は、住民 10 万人あたりわずか 1.87 人です。 これでも0.39人が非正規労働者。 自治体の自殺予防センターの平均職員数は7.11人で、そのうち約半数の3.14人が非正規職員です。

「すべての役員が忙しい」…「赤信号」自殺防止ホットライン

保健福祉省は、自殺防止ホットライン 1393 を運営しており、人々が危機に瀕したときに助けを求めることができます。 しかし、10人に4人はカウンセラーを呼ぶことさえできませんでした。

国会予算局の「2021年度決算検討委員会報告書」によると、自殺防止相談の平均電話件数(対応成功+未対応件数)は、3年間で20件増加した。 2018 年の 762 件から 2020 年には 15,395 件まで、ヘルプラインの需要は急増しています。

しかし、2018 年から 2022 年の間に実際に行われた相談は 57.9% に過ぎませんでした。相談は 29.4% に減少しました。

増加する需要に応えるには限界に達しているようです。 これを受け厚生省は相談員を80人に増やす方針を固めたが、採用は難しそうだ。 10回の採用発表を行いましたが、採用数と採用数が一致することはありませんでした。 昨年 6 月、自殺防止ホットラインには 56 人の従業員がおり、定員の 70% しか満たされていませんでした。

グラフィック = デザイナー イ・ヘヨン

自殺対策のスタッフを見つけることができなかったため、主力省庁である厚生省は昨年、予算をすべて自殺防止プロジェクトに使うことができませんでした。 自殺防止ホットラインの運営体制改善予算は46億6400万ウォンだったが、2億4200万ウォンが残った。

労働力不足の背景には、カウンセラーの過度の作業負荷と高強度の感情労働が挙げられます。 ヘルプラインの需要が高まっていますが、それは人材が確保できていないためです。

カウンセラーは、自殺予防に関する質の高いアドバイスを提供するために、ケース管理を改善する緊急の必要性を強調しています。 昨年3月まで自殺防止ホットラインにボランティアとして参加していた女性(47)は「自殺未遂寸前の危機に瀕した人と電話で話したことがある。 私は1時間半電話をかけ、消防署と警察が彼を逮捕するために派遣されました。 通話中は精神的な負担が大きかったのですが、人手不足で電話を切ってから3分以内に次の電話に出なければなりませんでした。

ヤンさん(51)は「自殺防止カウンセラー80人の定員にはまだ達していない。 三交替勤務と高強度の感情労働のため、疲労度が高く、離職率が高い。 給与が安いので、人材を採用するのは容易ではありません。

カウンセラーによる心理的サポートは、昨年のイベントのように行われました。 つまり、高強度の感情労働を行うカウンセラーが定期的な治療を受けるための心理的サポートはありません。 ヤンさんは「昨年、年功序列でヒーリングプログラムを実施しました。 しかし、これは正規化されておらず、私の知る限り、今年のサポートプログラムは計画されていません.

遺族支援事業への参加率「低い」…「政策の推進が必要」

自殺遺族への支援も、自殺防止事業の重要な柱です。 実際、自殺で遺された家族の 10 人に 6 人が自殺のリスクが高いとされています。 厚生省が発表した「2015-2021 心理解剖インタビュー分析結果」によると、インタビューに参加した遺族952人のうち566人(59.5%)が自殺念慮があると回答。 遺族の 83.3% が抑うつ症状を呈し、そのうち 60.9% が重度の抑うつ以上の症状に苦しんでいました。

特に、心理解剖に提出された自殺者の42.8%(343人)が自殺で遺族となり、生存時に家族や知人を自殺で失った。 死後のケアは、自殺した本人だけでなく、遺族にとっても重要であることが確認されています。

遺族支援事業には、遺族ワンストップサービス、自殺後介入事業、遺族支援体制の整備などがあります。 家族が自殺で亡くなった場合、警察、消防、公民館など。 自殺防止センターに連絡し、専任のワンストップ サービス チームが遺族にどのような支援が受けられるかを説明し、サービス提供の同意を得る。

お悔やみ相談、自助グループなどの心理的支援、法律・行政処遇(上限70万ウォン)、特別清掃(上限80万ウォン)、学費(上限140万ウォン)、一時避難所の利用( 200万ウォンまで)が支給されます。

ただし、遺族支援事業の現場での活用事例は少ないとされています。 自殺遺族のための自助グループを運営する別の支援活動家、ドンヨン・チョー(47)は、「自殺遺族の家族は通常、死別後に罪悪感を感じ、それを隠していることが多い. そのため、私の周りには、助けが得られるかどうかさえわからない人がたくさんいます」と彼は言いました。

彼はまた、自殺遺族のためのワンストップ支援サービスの欠陥を指摘した。 「自殺遺族支援事業があるが、知らないから利用しない人が多い。 これを補うためにワンストップのサポートサービスを立ち上げたが、目標に対する流入率は15%程度にとどまっているようだ」 彼は「警察の捜査中に遺族を案内する体制が整っていれば、投票率は上がるが、捜査が終わってから連絡先だけが提供されると、応募者は減るだろう..」

「遺族サービス自体は充実しています。 しかし、社会的セーフティーネットは作られていますが、支援を受けたい人がいなければ意味がありません」と彼は付け加えた。

※ うつ病などの相談しにくい障害をお持ちの方や、身近にそのようなお悩みをお持ちの親族・知人がいらっしゃる場合は、自殺予防ホットライン☎1393、メンタルヘルスホットライン☎1577-0199、希望ホットラインへお電話ください。 ☎ 129、生活ホットライン ☎ 1588-9191、若者の電話番号 ☎ 1388 で 24 時間専門家のアドバイスを受けることができます。

キム・ウンビン記者 eunbeen1123@kukinews.com

記事を表示

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です