「すずめのロックダウン」で続く「おせいさ」ブーム


[SBS 연예뉴스 | 김지혜 기자] 恋愛映画「今夜、この愛が世界から消えても」(以下、「おせいさ」)で全国視聴者数80万人を突破し、話題を呼んだインポーター・メディアキャッスルが「すずめのドアロック」で熱気を甦らせる2023年に。

メディアキャッスルが20日、2023年のラインナップを発表した.その中でも注目されるのは、「君の名は。

『すずめのロックダウン』は、日本各地の廃墟を舞台に、災いをもたらす“扉”を閉める少女“すずめ”の冒険を描いた作品。 『君の名は。

昨年11月11日に全国で上映を開始し、2023年1月16日時点で興行収入124億9000万円を超える人気を維持している。国内公開日は3月8日に確定している。

リリース確定で公開された映像では、「君の名は。」に「ミツハ」の声が重なっていた。 彗星が落ちてくる空を見つめる「瀧」のイメージと、「ひな」と「穂高」が分かち合い歌いながら空が落ちてくるシーンは、新海誠監督の前作『君の名は。風化’。

推す


次回の「おせいさ」メロドラマは「追い詰められたねずみはチーズの夢を見る」。 この作品は、恋のどん底に閉じ込められた二人の男が、好きだから幸せで、好きだから辛い、ラブストーリーを描いた作品です。 『愛を世界の中心に』『ナラタジュ』などで愛の本質や感情を深く掘り下げた行定勲監督。

4月は「君の名は。」 アニメーション監督を務めた安藤正史監督のデビュー作『鹿の王』が公開、5月には第27回釜山国際映画祭のクロージング作品『ワンマン』や『港の肉子ちゃん』第23回富川アニメーション映画祭のオープニング作品である”が公開される。

『ワンマン』は、2018年に読売文学賞を受賞した平野圭一郎の同名小説を映画化し、『愚者の記録』でベネチア国際映画祭に招待された石川圭が監督を務める。監督は妻夫木聡、安藤サクラ、窪田正。 タカが主役を演じた。

「港から来た肉子ちゃん!」は、一風変わった物語を持つ母と娘「肉子」と「きく子」の物語で、「海の子」シリーズの監督・渡辺あゆむ監督の新作です。 」と「映画ドラえもん」。

6月には『夏へのトンネル さよならの出口』が公開予定。 この映画は、主人公の薫が不思議なトンネルに偶然遭遇し、5年前に事故で去った妹を思い出す物語です.

さらに、大切な友人の死に直面したことから始まる女性を描いたロードムービー「My Broken Mariko」、若い男女2人の新たな出会いを舞台にした新たなロマンス「What She Likes」。日本キャラクター大賞を受賞。 数々の賞を受賞した「すみっコぐらし1・2」など、個性的で魅力的な作品が待っています。

ebada@sbs.co.kr

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です